ぞむろぐ

バイクツーリング、鉄道旅行・キャンプ。動画の撮影編集に関する備忘録。主にニコニコ動画で活動中。 所持バイクはホンダのゼルビスとグロム(2018年2月時点)毎週木曜午前7時更新(予定)

MENU

投稿するのは納得いくまで編集してから?ある程度で見切りをつける?

動画投稿する際に、悩むのがどこまでやったら投稿するか、ということがあります。
自分の中で表現したいものがあっても、実際それを動画上で作れるかは編集技術に
寄る場合が多いです。

ボイスロイドの調声も、自分の頭の中にあるイメージに近づけるため、ひたすら
調声を繰り返す事で少しずつでも、近づけることはできます。
しかし、ソフトや自分の技術の問題で、一向に自分の望む形にできないケースもまた多い。

そういった諸々を納得できるまでやったうえで、動画を投稿したほうがいいのか。このままだといつまでたっても、納得できないので、ある程度自分のイメージと違ったり、問題があると感じても、見切りをつけて投稿したほうがいいのか。

かなり悩みます。本当に。

あくまで私の場合の話ですが、投稿間隔を決めているので、すべて納得した状態で
投稿することはほぼ不可能です。もっと編集技術があれば違うんでしょうが。
また、編集速度も編集技術の1つと考えています。

その為、一定のクオリティの動画を作るための編集時間をじょじょに短くするのも動画投稿を一定間隔で行う目的でもあります。

私が自分が納得いく状態になるまで投稿しないとなると、おそらく一生動画を投稿することはないような気がします。

 ■結論:毎回こだわる箇所を決めて編集をする。それ以外は見切る

投稿間隔を決めているということは、編集時間も限られているということです。

なので

・立ち絵
・ボイスロイド調声
・サムネイル
・動画構成
・その他演出

など、自分である程度ポイントを決めて、1つの動画では1つのポイントを重点的にこだわってやったりします。やることが些細なことなので、あまり変わった風に見えないんですけどね。。

逆にそれ以外の箇所は、見切りをつけてしまいます。
それを繰り返して、動画全体のクオリティを段階的にあげていくのが狙いです。

今まで自分がやったことのない新しいものを試そうとすると、調べて
編集してみて、うまいくいかずまた調べて、と時間がたいそうかかります。

 ■途中で挫折して放置するより中途半端でも、勢いでも投稿してしまったほうがいい

イメージ通りいかないと編集の手が停まり、結局放置しちゃうこともあります。
私は投稿日時を決めている場合が多く、その場合時間が全然足りなくて、焦ることもしばしば。別に投稿日時を破っても罰則があるわけじゃないけど。

たとえ自分が納得いかないものでも、眠らせてしまうのはもったいないです。
結局作った動画がどういう結果になるかは投稿してみないとわからないからです。

最終的に動画の価値というか評価をするのは視聴者です。

自分でも時間がなさ過ぎて、ほぼ勢いだけで普段の半分くらいの時間で編集して
投稿したら、編集に時間をかけた動画より再生数等反応がよかったことがあります。

それから自分の動画が投稿するサイト、カテゴリ等に対してユーザーの好みに
適したものかどうかも、実際投稿した方が感触を得やすいと思います。

もちろん投稿にネガティブな反応が出ることもありますが、、。

ひとまずブルース・リーのあの名言「考えるな!感じろ!」をもじって

「考えるな!投稿しろ!そして感じろ!」

何も考えずに投稿しまくるのではなく、
投稿する前には、色々考えて編集を行う必要はあります。ただ投稿すべきか悩んだ時は、投稿してしまう。そして、投稿して結果を見て感じたことを次の動画につぎ込んでいく、という意味合いです。

最終的に意識しなくても自分のイメージ通りの動画作れるといいですね。
……まだまだその域に達していないので日々精進です。

■動画を投稿するのは手段であって目的ではない

動画投稿は目標を達成するための手段であって目標そのものではありません。

もちろん動画編集や動画投稿が楽しそうで、とりあえず投稿を目的にやってみるのはよいと思います。ただ長く続けるのであれば、動画を通してツーリングや旅行の楽しさやバイクのかっこよさを伝えたいとか、ボイスロイドの良さをアピールしたいとか、目標を持っておいたほうがより動画編集そのものも工夫しがいがあって、楽しめると思いますよ。

f:id:zomuzomu:20180114191900j:plain