ぞむろぐ

バイクツーリング、鉄道旅行・キャンプ。動画の撮影編集に関する備忘録。主にニコニコ動画で活動中。 所持バイクはホンダのゼルビスとグロム(2018年2月時点)毎週木曜午前7時更新(予定)

MENU

今年初キャンプ、大洗キャンプ場で焚火をしてきました

今年初キャンプは茨城の大洗キャンプ場。
週末がどうなるかちょっとわからなかったので、予約不要で海に近いキャンプ場ということで、大洗キャンプ場となりました。

今回は「焚火」をするというただ一つの目的の為のツーリング。他の観光はほぼなにもせず、「焚火」だけを楽しんできました。キャンプの経験はあっても、焚火はしたことがなかったので、いい経験になりました。

それに今後もキャンプを続けるのであれば、やはり色々と考えなくてはならないことがでてきました。

■大洗キャンプ場

車載動画でもよくでてくるキャンプ場ですね。事前に色々と調べたのですが、関東近辺で予約不要で、値段も手ごろで利用しやすいイメージ。食材等もキャンプ場のすぐそばで購入できるし、コンビニも目の前にあるし。いいですね。今回は初めての利用となりました。

f:id:zomuzomu:20180318192244p:plain

■初めて焚火をしてみる

今回の目的はずばり「焚火」をすること。

その為に事前に焚火台を購入していました。実際使ってみて、経験値積まないといけませんしね。とりあえず、キャンプ場で薪を一束だけ購入。

f:id:zomuzomu:20180318192807p:plain

なにぶん初めてなものですから、とりあえず1回火をつけてみて、問題なさそうならご飯食べてから、じっくりとやってみます。

f:id:zomuzomu:20180318193045j:plain

3月とはいえ、夜になると一桁まで気温が下がります。焚火やってると暖かいです。ただ、タープ等は張らなかったので、熱がすぐに逃げてしまい、火にあたる面しか暖かくならない。でも、火の粉がどの程度飛んだりするのか、わからなかったので。あえてタープは使わず。

私の持っているタープは小さめなので、焚火をすると火の粉で穴があきそうだなぁ。

■キャンプツーリングする上での課題

事前にわかっていたことですが、キャンプをする、キャンプ場で快適に過ごすとなると、足りないものが色々あります。

1)キャンプ道具関連

・タープ
・薪を切ったり割ったりして小さくする道具
・調理器具関連(もっと大きなコッヘルやフライパンがほしいかも)

2)積載道具

今はキャンプ道具をたくさん積む前提の装備がない。加えて積載上手ではないので、大きなバッグなり箱を取り付けて、そこに全部入れる、というのが理想かな。

現状の案としては、大きめのシートバッグを購入してキャンプ道具等をまとめる。
ただ今使っているサイドバッグが天井側が開くタイプなので、シートバッグが横に張り出すと、サイドバッグが開けなくなる可能性があります。

あとカメラバッグは、観光先で持ち歩きます。カメラバッグもすっぽり入るシートバッグとなると結構大きい容量がいりそうだし。

f:id:zomuzomu:20180318193942p:plain

あとはトップケースやホムセン箱を取り付けられるようにするかですね。
今つけてるキャリア、スペック上の耐荷重が2.5Kgなんですよね。あまり重い物を取り付けると、ちょっと怖い。大丈夫かもしれないけど。

改めてリサーチしてみるかな。